今日の北島モーターサイクル

埼玉県八潮市で 営業している 北島モーターサイクルの出来事を常連の目で書き込んでいます。

2014年08月

午前中に スバルに立ち寄って 軽 1BOXの カタログを いただくと
 
  ・・・・・・  軽トラックは  選べる 8色
 
 
   とうとう ダイハツと スバルも 一緒に なってしまいました。
 
    私達が 購入できそうな 車は 種類が 減ってきました。
 
 
    それにしても セールをしている様子もなかったのに お客さんが 大勢
 
     さっさと カタログを 渡されて  対応は 大雑把 
 
      軽の1BOXだと  こんな 感じなのかな?
 
       それとも この人は  新車を買う気がないっていうのが 伝わったかな 
  
 
 
  大きな中古車屋さんで  買えそうな車はないかなって いろいろ見ていたら
 
   高額な 車でも  傷が 付いたものが 多い
 
    高額な 車なら  軽く修理して  並べたほうが  良いのではって 考えるのは間違い?
 
 
    でも、そのおかげで  事故車も わかりやすい
 
     店の人が近寄ってきたので 軽の1BOX  4WDで  出来れば マニアルって 言うと
 
 
    外見が かなり やれた感じの ダイハツ アトレーに 案内されて
 
     ゴミを 積む車を 購入しにきたわけでは ありませんって言いたくなるような
 
       内装も汚い車をみせられて・・・・・・     人を見た目で判断しないで 
 
 
    「この車両では  購入意欲がわかない。」って 言うと 
 
 
     「気になるところは 手直して 納車できる見積もりを 出します。」って いうので
 
 
      「ヤマのないタイヤはもちろん錆びた鉄ホイールは交換
 
       後ろのドアの ガラス回りが 錆で 浮いているので 
 
        バックドア交換  前後のバンパーの 固定する部分が 割れているので
 
         前後の バンパー  座席は どうしようもない状態なので シート 交換
 
           内装を クリーニングしていただいて ゴム部品は交換して
 
              オールペンかな」 って 言うと・・・・・・
 
       変な 笑みを 浮かべて    それでは  こちらは?って
 
 
      ホンダ バモス
 
        「ホンダは オートマばかりでしょ!」 っていうと
 
         「ちゃんとマニアルです。」って
 
   スライド ドアも 開けてくれて
   
    外装も艶があって きれい
 
      中を覗くと  内装も シートも ダッシュボード回りも  ごく 普通な状態
 
         先ほどの車とくらべると  こちらは 商品価値アリ
 
 
 
    「この車両が 良いじゃん」って プライスを 見ると 高め
 
      「納車されると いくら?」って 聞きくと
 
       「納車には プラス18万円です。」  76万円か 予算オーバーだなって思いながら
 
        スライドドアを 閉めると 50cmぐらいの 擦り傷 2本が  タッチアップされていて
 
         その先を 見ると   ボディーの 角が くっきり凹んでいる 
 
         バンパーも タッチアップされているのですが  凹んだ角は 錆
 
      「なんだ 事故車なのか」って 言うと
 
        「このぐらいは 事故とは 言いません。」って
 
 
   「私たちが このぐらいは ぶつけただけで 事故とは 言わないって 言う分には  良いけれでも
 
     車を 販売する人が  骨格部分が くっきり凹んで錆びが 出ている車を
 
      事故車って 言われたら  認めないと 不親切だよ。」と言うと
 
 
     「事故車って言わないで 修理履歴ありって 言うのです。」って
 
 
       修理していない車も 修理履歴って 言うのですね。  でも、事故車じゃん
 
 
    店頭では  車の前に表示されているパネルに記載されていませんでしたが
 
     ネットで 調べると  その車両は  修理履歴ありになっていました。
 
 
   若い 販売員が 沢山いる 中古車店では  修理しないで置いていてくれたほうが
 
    私達でも事故車って  わかりやすくて 良いですね。  考えが変わりました。
 
 
 
    その人に 違う店舗に お客さまの気に入りそうな 車があるので
 
    大至急こちらの店舗に移動して来ますので  夕方までには 電話します。って いうので
 
     連絡先を 記入してきたのに  この時間でも  まだ連絡が 来ていません。
 
 
    

三菱自動車で いただいた電気 軽トラックの カタログを 工場長に渡して
 
 三菱では  一押し
 
   自社生産の 商用車ですって っていったら
 
    ほんとうに OEMばかりで  みんな 一緒になってきたから
 
     かわった 顔は 良いかも!って
 
 
    電気自動車って  運転してたのしいの?
 
 
     しかも 走行距離によっては  エアコンや ヒターをガマンって・・・・・
 
 
 
     それでも、3年ぐらいで 浮いたガソリン代で  車両代が  まかなえそう!
 
      実際は  そんなに うまくいかないとしても 交通費は 少ないほうが 良いに決まっている
 
 
    そんな 話しを していたら・・・・・
 
     9月に 発表って 言っていた  ダイハツの営業マンが
 
      新型の 軽トラックの カタログを 持ってきて
 
 
      目を ひいたのは  選べる 8色
 
      カタログを 見ていた 工場長も  「やっぱり ガソリン車が 良いかな」って 
 
       

どうしても 必要って わけでは ないのですが
 
 子供達を 雨の日 迎えに行くと
 
 
  自転車を置いてくることに なるので
 
   翌日も 送っていくことに
 
 
 
   雪の日も 二輪駆動の1BOXでは  ヒヤヒヤ
 
    車検の時も  4日も連続で休まなくても すむ
 
     お客さんの 駐車場にも もう少し小さければ 停められるのにって ことが しばしば
 
 
 
    そう考えると  軽の4WD 1BOXが  欲しい 
 
 
     で、インターネットで あさっていると
 
      工場長が 電気自動車の 軽トラックが 気になっているって
 
 
     「帰り道の 三菱自動車に 試乗車が あるので 乗ってきて」って
 
      さすがに 試乗車に 乗る勇気はなかったので
 
       カタログを いただきながら  説明を聞いて
 
 
     自動車税は  普通の軽自動車とおなじ
 
      所得時は 減税あり
 
 
    小さいバッテリーの方で  走行だけで 150km
 
      エアコンをかけると 70%
 
       ヒター焚いて   ワイパー ヘッドライトなどを使うと  走行できるのは70kmぐらい
 
 
     それぐらいなら  ギリギリ  通勤の範囲内かな
 
      燃料代が うけば  工場長なら  購入価値が あるかも
 
 
     で、 充電時間
 
       フルに 消費している 状態だと
 
         200Vなら  6時間
 
          100Vなら  12時間ちかくの充電が必要
 
 
     カーディラーや  高速パーキング  公共施設に 充電設備は どんどん増えてきて
 
      どこの メーカーの 車も  共通に なっているそうです。 

 一泊 ツーリング
 
  詳細の メールが とどきました。
 
イメージ 1
 
 宿の予約が とれたようです。
 
  あとは  天気が あれないことを 祈って
 
   おおいに 楽しんできます。

 毎年 9月の第一 日 月が  一泊ツーリングの 日程
 
 
  土日なら  参加したいって 人が 何人かいれば  
 
   年によって 曜日を変更しても良いとおもうのですが
 
    参加する人は  だいたい決まっていて・・・・・
 
 
  何人かが  都合で 入れ替わる感じ
 
 
   今年は  初参加の人も
 
    何年かぶりに参加にの人もいて  現在 15人前後が  参加予定 
 
 
 
    あちこちで   集中豪雨が あったり
 
      猛暑が 続いていたりで
 
 
      ことしは  近場
 
       コースも  ほとんどは 安心の なれた道を 通るってことで
 
 
 
      あとは  宿が 決まれば   参加の返事が増えるのを 待つばかりです。
 
 
  で、宿は  駐車場が 土でなくて  
 
   何台かは 雨に濡れないところに駐車できるって確認できた宿に
 
   本日  工場長が   電話をして  決めている予定 
 
 
 
    どちらにしても  日光を通って  宿泊は 猿ヶ京温泉 
 
     帰宅は  定峰峠に向かってって 感じ
 
 
     9月 7日 8日  一泊 ツーリング  参加者 募集中 
 
 
       もちろん 日曜だけでも  月曜だけでも  ツーリングに参加でも  ok です。
 
     

↑このページのトップヘ