今日の北島モーターサイクル

埼玉県八潮市で 営業している 北島モーターサイクルの出来事を常連の目で書き込んでいます。

2017年05月

 4気筒の キャブレターを

  オーバーホール している 様子

イメージ 2



  でも、 腐った ガソリンが よほど 頑固 なのか


    1時間 おきぐらいに  持って  覗き込んで

       キャブクリーナー を 吹き付けて

          そんな 感じ、・・・・・・ 


   どうやら  普通に ちょっと調子が悪いっていう感じの

      キャブでは  ないみたいです。



    で、作業台を 見ると

  おっ 


   汚れた キャブレターは 興味ないですが

     壊れたら 困る 部品が

イメージ 1


   なぜか 3つも


  OHV BMWの 点火の時期を 決める 大事な パーツ

   そんなに 簡単には 壊れないとは 思いますが

    このパーツが ついている 車両は 30年ぐらい前の 車両

     いつ 壊れても  不思議ではない。


    しかも この パーツだけで 10万円を 超えるって 話 


   みると 表に マジックインキで

      点検用 とか  確認日とかが書いてある、


    ちょっと 怪しいから 交換してみようって いう 値段の

        部品では ないので


    テスターで 計って 怪しいけれども

      この 予備の パーツで 確認してから

         注文していただけるのなら

             ありがたいことです。

メインハーネスを ひきなおしている 車両

  堅くなっている メインハーネスを 通っている 場所を 確認しながら

    丁寧に 抜き取って


 新品の メインハーネスと 長さ  コネクター などを見比べて


  大丈夫 そうって 


 もとに 通っていた位置に  ハーネスを 這わせて


  で、 コネクターに 接点復活材を 吹きかけて

   順番に コネクターを はめては 位置 向きを 合わせて 




  メインハーネスの 交換って もっと 簡単だと 思っていました。




イメージ 2



   それでも  一本の 配線の 太さが 太くなっていて

    しかも  電源  アースなどは 本数が 増えていて

      柔らかい 新品の ハーネスでも

        おさまりが  わるそう 


   挙句に   ヘッドライトに 通す ブッシュが  大きいようで、・・・

イメージ 1


  それ一個の ブッシュを 

   ちゃんと入れるのに 30分以上の 時間を かけていました。


    

 ぽろ ぽろ ぽろ ~   って

   珍しい  排気音     


   なんと  550cc ジムニー で  ツーリング仲間が ご来店 


   ツーサイクル 3気筒

     キャブは  クランクケースに 混合気を 送っている 


イメージ 1

      
  エンジンルームから  道路が  見える 


   久しぶりに  面白い 自動車をみました。



   で、 オーナー

    毎年 バイクで  遠くまで  仲間と  出かけるのですが

      今年は  九州を 予定していて、  


    無事に 行は  大阪から  安い フェリーの予約が完了


      九州を  目的地に 決定して、


    帰りの フェリーを 予約しようとしたら

       完売 


    ならって  

 チケット 売出日 に すぐに 買おうとしても 

   あっという間に 完売ですって 


    九州から  大阪 方面だけ  すぐに 完売って  

      何かの 陰謀って  泣いてました。

  
    

日本が バブリー だった 頃の

 ホンダの バイク

  当時 あまり 人気が 出なかった ようですが


  今見ても  古さを 感じない 


  で、オーナー が   ガソリンを 入れると 臭いって


見ると ガソリンタンクの キャップの ゴムが 劣化して ボロボロ 

    

  でも、 パーツリスト では ゴムパッキンだけでは 出ないみたい


    でるのは キャップ アッセンブリー 


   しかも キャップには 鍵が ついているので

     普通だと  キーアッセンブリーで  注文ですって


  35年 前の バイク  さすがに 欠品 

    って ことは  パッキンがボロボロ だと

      ガソリンを 少な目に 入れて 走るしか ない。



   それは、・・・・・


  オーナーが 一生懸命 検索して

   合いそうば ガソリンキャップを 使っているバイクを 何種類か

 候補をあげて  工場長が  メーカーの 在庫を 確認しましたが 

    全部 メーカーの 在庫切れ


   すると オーナが  ネットで  

    キャップの オーバーホールを してくれるところを 検索


 キャップを 送って |¥12,000-で 組み替えて 送り返してくれるそうで


  ちょっと 心配ですが、   そんなことを やってくれれば

    安心して  ガソリン 満タンに 出来る。


       ありがたい。 

修理完了で 引き取り待ちの スクター

 ちょっと スペースを 開けようと

  リアキャリアに 取り付けてある

   BOXを 持ち上げて スクターを 横に ずらそうとしたら


      ・・・・・・

イメージ 1


 ビックリ!  ですって、

  ホンダ 純正  なのに、・・・・・

    やはり BOX も 耐用年数が あるってことみたいです。


  工場長は  思わぬ 出費で  ・・・・・ 


  お客様は  新しくなって  喜んでいました。   

↑このページのトップヘ